刀剣博物館 平成の名刀・名工展に行ってきました

モンハンやったらうつ病が悪化したような気がする。el(える)です。

8/24(土)~10/6(土)まで、

刀剣博物館では、「平成の名刀・名工展」が開催されております。

というわけで行ってきました。

現代の日本刀がどのようなものなのかを感じ取れるとても貴重なひとときです。

今回は写真NGのため、刀の写真はありません。

平成の名刀・名工展

気になった太刀

一振り気になった太刀がありました。

それは、長谷部国信のからかしわと号されている太刀です。

波紋が上下に描かれています。

それは美しい太刀でした。

この太刀を作成した方が、「松葉一路さん」です。

銘 日州國正作 平成三十如月 應今村聖三需

とれも素晴らしい太刀でした。

波紋が上下に分かれて描かれているので、

今までにない太刀だったので、とても勉強になりました。

平成の名刀に感じたこと

いままでいろんな刀や太刀を観てきましたが、

平成の刀に感じたことを書いていこうかと思います。

これまでは、鎌倉時代や江戸時代の刀や太刀を観てきました。

それはそれは素晴らしい刀や太刀がたくさんありました。

そして、平成の刀や太刀を見ました。

これには賛否両論あるかもしれませんが、

僕の本音を書いていこうと思います。

平成の名刀に感じたことは、

とても綺麗だということです。

これは素晴らしいことだと思います。

これだけの綺麗な太刀や刀が作り出せるのは、

まさにその人にしかできないことです。

ただし、一つ心に残ったことがあります。

綺麗すぎるのです。

鎌倉時代や江戸時代の刀は、

なんだかもうちょっと血なまぐささがあったように思います。

それはそうでしょう。人を殺めるための道具なのですから。

平成になり、人を守るために生まれ出来た刀なら、

綺麗であって当然だと思いました。

どちらがいいかなんて誰にも分かりません。

個人の感覚によるものですからね。

人によっては、もっと殺気めいたものがないと、と言うかもしれません。

平和な世の中で綺麗な刀で満足する人もいるかもしれません。

でも僕は嫌いではありません。平和な世の中の刀。

とても為になる刀剣の見学となりました。

終わりに

写真は撮れませんが、とても見ごたえのある刀がたくさんありました。

とても綺麗で癒される時間になること間違いなし。

もし暇だなぁと思う方がいらっしゃれば、

行ってみるのも一つの選択肢に入れてもらえればなぁと思います。

 

朝一に食べたマックのデラックスなんちゃらです。

量が多い・・・

マクド

そしてこれが、刀剣を見終えて、食べに行った、

「こなな」のキウイのかき氷です。

ここな

真ん中に豆乳プリンが入っていて、

ここまで行ったら、ヨーグルトをかけて食べるそうです。

このかき氷はとても美味しかったです。

こなな

そして、お昼ご飯の新宿プリンスホテル内にある、

ホテルマルシェというビュッフェスタイルのご飯処。

ここはまあまあでした、食べ放題はこんなもんでしょ。

パンのチョコチップ入りデニッシュがとても美味しかったです。

新宿プリンスホテル

このアイス。最後にみなさんについてくるものですが

中にラムネが入っており、そのラムネがシュワシュワするのです。

これがとれも美味しい。おそらく、ビュッフェの中で一番おいしいのではないでしょうか。

もし、東京の新宿プリンスホテルのマルシェってお店に行くことがあったら、

このアイスが出てくるまで待ちましょう。

先に帰ると勿体ないですよ。

ラムネアイス

 

 

おすすめのおやつ(クランキーウェハース)です

それではまた次回。

 

刀剣好きのメルマガ



 

スポンサーリンク



シェアしてくれたら嬉しいです!!

2 Replies to “刀剣博物館 平成の名刀・名工展に行ってきました”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。