寒い冬、温泉でもいきましょうか

少し前、2018年1月27日の小話を一つ。
冬に田沢湖付近、または鶴の湯へ行かれる方は、ご覧になっていただければ、少しはこの場所の冬の様子がわかるかもしれません。

この時の自分は、秘湯とつく温泉に夢をみて心をときめかせておりました。

まさかこの後に、とてつもない地獄が待っているとも知らずに。

 

あるとき、寒い冬、温泉にでも入りたいなぁと思い、

友人と秘湯へ行くこととなりました。

場所は、「乳頭温泉郷 秘湯 鶴の湯

秋田県にあるとても有名な温泉です。

なかなか予約の取れない温泉らしく、

6月くらいに友人が朝7時から電話予約をしてくれました。
(電話予約しかしていないので外国人には予約が取りづらいですね。)

ネットで見てみると、通常旅館のような見栄えの部屋と、本陣という古い建物のような部屋があり、本陣では囲炉裏にて、山の芋の鍋と岩魚が食べられるとのことで、やはりウキウキでした。

2018年1月27日旅立ち当日、東京から新幹線で田沢湖まで行き、そこで寄り道。

冬の田沢湖を見てきました。

ごらんのとおり、人はほとんどおりません。
(辰子像の方へは行っていません。目的は温泉でしたので。)

お土産屋さんもガラガラでした。

食事をしようにもあまり場所もなく、

歩き回ったところ、

田沢湖ハーブガーデン ハートハーブ」の看板が。

外から見ても、開店しているのかしていないのか。

しかし、もう歩き疲れて周りにお店もない。

いざ突撃です。

おそるおそる入ってみると、お店の中には雑貨や、さまざまなハーブ、そしてお食事処が。

あたたかい鍋焼きうどんと、せっかくなので地ビールをいただきました。

外は白銀の世界、やわらかな雪が舞い、室内はあたたか。

とても素敵な時間でした。

 

鶴の湯温泉へ行くには、「アルパこまくさ」という施設にて、

鶴の湯専用車が用意されているため、今まで来た道を引き返し「アルパこまくさ」へ。

室内を見たところ、

アルパこまくさは、駒ヶ岳の自然を展示しており、

奥には、こじんまりとしたお食事処と温泉が。

温泉に入るには時間もないため、椅子に座って、

鶴の湯専用車が来るまで、疲れを癒す時間となります。
ただし気を付けてください。自動販売機で缶ジュースを買っても、空き缶を捨てる場所が見当たらなかったです。その辺にポイ捨てはダメですよ。

さて、話が長くなりましたので、ここらで一休み。

次回は、秘湯 鶴の湯の温泉へ。

スポンサーリンク



シェアしてくれたら嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。