豪雪地帯へお出かけの際の注意点

活撃 刀剣乱舞 劇場版が早くみたいなぁと思っているel(える)です。

活撃の方は刀がたくさん出てきて、しかも戦闘シーンも多くて面白いんですよね。登場人物もみんな格好いいし。

ところで、みなさん。

今回初めて東北地方へ行ってきましたが、何も考えずに行くとひどい目にあいました。

そこで、雪になれていない方が豪雪地帯に行く際の注意点を書いていこうと思います。

日焼け対策と化粧水、保湿クリーム

真っ白な雪で覆われた場所というのはテンションが上がるもので、

寒い中、一面駆け回りました。

少し経った頃、顔や目が痛いなぁと思って鏡を見たら、なんと真っ赤になっていました。

雪の反射による日焼けです。雪に慣れていない自分には全くの予想外でした。

みなさまも日焼けにはご注意ください。

そして男子でも化粧水と保湿クリームで健全な肌に整えたほうがいいと思いました。ガサガサになります・・・

豪雪地帯の雪はうっすら積もるのではなく、がっつり積もります。

目の前の場所が何かわからず一歩踏み出せばズボリと足がはまって、びっくりしました。

そのため、スノーブーツなど、防水かつブーツのような靴を履いていくことをお勧めします。自分はGORE-TEX仕様のタクティカルブーツ(BATES)を履いていたので濡れたのはズボンだけでした。
(基本的ズボンはブーツインです)

手袋と耳当て

寒い中、写真を撮るため手袋を取り、駆け回っていた時、

気づくと手の甲の皮が裂けて血が出ていました。

なにかで切ったわけでもないのに何だろうと考えてみたら、

寒さで手の皮が耐えられなかったのだと思います。

手袋大事です。ちなみに手の保湿クリームもしたほうがいいです。

あと、耳も赤くなっていて神経がマヒしていたので、できれば耳当てもあったほうがよいかもです。

フード付きコートと折り畳み傘

雪国は雪がしんしんと降り続きます。

風が弱いときは傘をさして頭を守ったほうがよいです。

風が強いときはフードで頭を守りましょう。

自分は傘なんて持っていなかったので、頭に雪が積もりました。

頭皮にもよくないですね絶対。

モバイルバッテリー

寒い場所というのはバッテリーがすぐになくなります。

おそろしいほど早く電池が切れます。

自分のiPhone5Sも100%の充電が、ポケットから出して3分も経たずに電源が落ちました。

いちおう旅に出るときは、モバイルバッテリーを3個持っているので、みなさまも、1つくらいは持っていったほうがよいかもです。

 

 

以上、5点が自分が体験した、最低限注意しなければいけないことになります。

あまり万全な装備もなしに2泊3日の東北の旅をしてきましたが、

無事戻ってこれてよかったです。

次回行く機会があるときは注意点を再度確認し、雪を楽しめたらなぁと思います。

 

おまけ

田舎あるあるですが、

山奥の田舎では、夏にカメムシが大量発生します。

それは東北でも同じようで、

カメムシは寒くなると、ちょっとした隙間や、衣類に引っ付いて、家の中に入ってきます。

そしてそのまま、布団の中や物陰に隠れ、冬をしのぎます。

秘湯 鶴の湯でも例外ではなく、部屋の中にカメムシが6匹くらいおりました。

押入れのなか、トイレのなか、部屋の照明にブーンブーンと・・・

虫嫌いには地獄です。その辺もお気をつけください。

スポンサーリンク



シェアしてくれたら嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。