養老渓谷の夏、雨の中、観光に行ってみた

心の栄養って大切ですよね。el(える)です。

 

今回は千葉県夷隅郡大多喜町にある養老渓谷に、雨の中行ってきました。

養老渓谷観光協会公式サイト→養老渓谷

小湊鉄道という2両編成の電車に乗りました。

小湊鉄道

養老渓谷駅

1時間乗り、やっと着きました。養老渓谷駅です。

ここからバスに乗ります。

養老渓谷駅

このバスに乗って、粟又の滝まで向かいます。

小湊バス

粟又の滝

粟又の滝の入り口

粟又の滝の入り口

粟又の滝の入り口は2か所あります。

でも養老大滝と書かれた看板の入り口から行けば、

粟又の滝の上に出ます。

とてもいい景色です。

粟又の滝

粟又の滝

ちょっと怖い橋を渡ります。

粟又の滝の橋

進んで行くと粟又の滝に出ます。

雨は降っていましたけど、さすが見ごたえがあります。

たぶんマイナスイオンがドバドバです。

粟又の滝

粟又の滝

粟又の滝

こんな道や、

粟又の滝

こんな道になっています。

粟又の滝の道

ただし気をつけないと、

カニが道を通っています。

大きいのから小さいのまで。

踏んづけないようにしないといけないので、大変です。

粟又の滝の道

進んでいる途中に何かの滝??がありました。

一応パシャリと撮っておきます。

滝?

こんな道もあります。

飛び石

千代の滝

歩いていると、千代の滝がありました。

粟又の滝に比べると小さいですが、見事な滝です。

千代の滝

千代の滝

またもや飛び石が・・・

落ちたらどうしようと考えるとちょっと怖いです。

飛び石

養老川もパシャリ。雨なので、水の透明度はあまりありませんでした。

養老川

万代の滝??

奥に滝がみえるのですが、周りは流木やらで埋め尽くされています。

もはや滝なのかも分からない状態です。

万代の滝??

またしても飛び石です。落ちたらどうするんじゃー

飛び石

道に木が倒れていました。

これはオブジェ??そんなわけないか。

道

入り口の看板には、昇龍の滝と書かれていたのですが、

この滝がなんなのか分かりません。

滝に名前の看板立てて欲しいなぁ。

何滝なんだろう・・・

滝

滝

幻の滝

階段を登っていき、民家の敷地内にある有料の滝を見にいきました。

それは幻の滝と呼ばれています。

階段

営業中という看板もあるので見られるかと思ったのですが、

室内からおばあちゃんが×のジェスチャーをしていました。

じゃあ営業中じゃなくて休みにしろよって思いましたが、

田舎の住民に怒りをぶつけても仕方ないので、大人な対応で去りました。

僕はこういうあいまいな部分があるので田舎が嫌いなのです。

優しい気持ちになるために撮った曼殊沙華です。

曼殊沙華

ここからは万代の滝が見当たらなかったので、来た道を戻っていきましたが、

万代の滝が見つかることはありませんでした。

やっばり流木に押しつぶされたあの滝なのかなぁ。。。

ごりやくの湯

粟又の滝まで戻ったところで、温泉に向けて出発しました。

だいたい1キロくらいのところにあります。

ごりやくの湯

まず、お風呂に入る前にかき氷です。

山猫というお店でかき氷が販売されていたので、寄ってきました。

山猫

すみません。ちょっと食べちゃいました。

しかし、氷はふわふわで口の中に入れるとサッと溶けます。

その後、抹茶の苦みと練乳の甘味が広がりすごく美味しかったです。

ごりやくの湯にきたら是非とも寄ってほしいお店です。

山猫公式サイト→山猫

抹茶ミルク

お昼ご飯

その後、入浴券を買って、併設されているお食事処へ。

僕はカレーライスにしました。

よく煮込まれていて、牛肉がとろとろになっていました。

辛くはなく、お子様でも食べられるようになっています。

ごりやくの湯お食事処公式サイト→ごりやくの湯お食事処

カレーライス

お風呂

腹ごしらえも終わり、露天風呂に入りました。

雨が降っているのが残念でしたが、気持ちのいいお風呂になりました。

ごりやくの湯公式サイト→ごりやくの湯

バスで養老渓谷駅まで

バスが1時間に1本程度しか出ていないので、

時間を決めて出発します。

養老渓谷駅に着いたら、予約していた里山トロッコ列車に乗ります。

養老渓谷から上総牛久駅までを時速25キロで1時間かけて走ります。

窓がないので、雨で濡れた服が乾くのはいいのですが、寒いのはまいりました。

里山トロッコ

里山トロッコ

里山トロッコ

トロッコ列車の切符

列車内からの景色です。

景色

景色

景色

そして、上総牛久駅で乗り換えです。

上総牛久駅

晩ご飯

そして、千葉駅にて、駅の近くにあった、

鍋食べ放題のお店で晩ご飯です。

ここの店名忘れてしまいましたすみません。。。

まぁ味は一般的な食べ放題のお店と同じです。

食べ放題

終わりに

今回の旅もなかなか遠い所で、片道3時間ちょっとかかるので、

もし行こうとしている人は覚悟して行ってきてください。

そして、夏だと紅葉もないので、やはり見ごろは、春、秋になると思います。

ましてや、雨の中だと傘が邪魔なので、できれば天気のいい日にした方がいいかと思います。

日常を忘れて、滝をみて、露天風呂に入ってゆったりするのもいいのではないでしょうか。

 

 

おすすめのおやつ(きなこ餅)です。

 

それではまた次回。

 

 

 

スポンサーリンク



シェアしてくれたら嬉しいです!!

2 Replies to “養老渓谷の夏、雨の中、観光に行ってみた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。