ついにうつ病克服??社会復帰への道

本日、2018年12月13日(木)病院に行って、

とうとう社会復帰がOKとなりました。

医者から言われたことは、

95%の会社が実施していることですが、

主治医と産業医がOKを出せば働けるらしく、

あとは産業医に聞いてくださいと言われました。

ただ、うちには産業医なんていないので、

主治医のことを信じることとします。

あと、復帰診断書なるものもあるらしく、

どうしますか?と言われました。

次回貰っておくことにします。

社会復帰

いざ社会復帰となると、こんなにも不安や恐怖感があるものなのですね。

なにもできない自分になっているので、

うつ病以前のように働けないだろうし、

正確には完治はしていないだろうから、

集中力も持つか、あと薬の副作用で昼間に睡魔が訪れることも。

このあたりを認識してくれている現場で働かないと、

とても仕事ができそうにありません。

が、そもそもうつ病の時点でその人はマイナスと見られるので、

面談などではうつ病と言ってはいけないですよね。

長いバカンスをしていたことにしないと。

矛盾してますね。

うつ病を認識してくれている現場じゃないと仕事が続かないと思うのに、

隠さないと面談落とされるなんて。

この文章を書いている今もとても不安がつのっています。

勉強

仕事が決まる日までを勉強にあてたらいいのですが、

集中力がもたないです。

あと、いつの間にか寝ています。

気合がたりないのか、部屋で勉強ができないのです。

かといってカフェで勉強も迷惑だし。

会社に事務所があれば、

行って勉強もできるのですが。。。

まだその予定もなく。

仕方ない

仕方がないので、何もしないってのもありかなぁ。

いざ、仕事行って、何も分かりません!でもいいのかなぁ。

でもこれくらい適当にしておかないと、

またうつ病になった時のようになったら嫌だし。

こんな気持ちで挑んだ方がいいのかもしれない。

うつ病

うつ病から復帰された人はどうしているんだろう??

やっぱり不安や怖さがあると思うんだけれども。

前回も書きましたが、

IT系で、バッチできない、シェルスクリプトできない、

Linuxできない、SQLできないじゃ話にならんと思うんですよね。

それでも、仕事に就けたらラッキーと思ってやるしかないのかな。

とにかく復帰が不安です。

でも結論はやっぱりやるしかないんですよね。

決まってしまえば、どんな場所であろうともやるしかない。

やるかやられるかの世界ですね。

他のうつ病の人もこんな風にして考えたりしているのでしょうか。

とても気になります。

 

 

 

おすすめのおやつ(ハニーローストピーナッツ)です。

 

それではまた次回。
 

 

 

刀剣好きのメルマガ



 

スポンサーリンク



シェアしてくれたら嬉しいです!!

4 Replies to “ついにうつ病克服??社会復帰への道”

  1. 集中力が続かずに寝るのは私も同じなので安心して下さい。
    具体的な目的のない定常学習はトイレ中や電車待ち中、タバコ中や待ち合わせの間などの隙間で分単位でやります。
    再開時に忘れてたりして、大まかなおさらいも繰り返すので、無意識で記憶も定着するし、読書感覚でストレスもたまりにくいのでお薦めします。

    1. 隙間時間で勉強するんですね。
      やっぱりこの時代は電子書籍の方がいいのかなぁ。
      分厚い本読んでいるんですが、持ち運びが面倒なんですよね。
      いろいろご教授ありがとうございます。
      ちょろっと試してみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。