人生の岐路に立つ 第二段階終了 Windowsに弱いのです

人生の岐路に立つ最終章です。el(える)です。

 

今回の案件は、とあるスーパーの情シ?ヘルプデスク?のお話でした。

話をきいてもなんだかふわっとしていて全く分からず。

Windowsが出来ればいいらしいということだけは分かりました。

持っている環境は全台Windowsという、自分には珍しいなと思うところでした。

しかし、僕はLinuxが好きなのです。。。

Windowsは苦手なのです。。。

だって、設定ファイルどこにあるか分からないし、

Windowsが出来ればいいってどこまでのことか分からないし。

大抵の人はWindowsPC使ってますよね?

僕はメインPCがLinuxですが。。。

なぜ人生は逆を行きたがるのか?

でもこういう時に実力を発揮してしまいます。

面談では確実に行けると感じる手ごたえがありました。

まぁ、帰り際、知らない三次受けくらいの営業に、

長期の休みのところは親の介護とかにした方がいいよ。

とアドバイスをもらったのですが、僕は嘘はいいません。

ちゃんと遊んでいたことを正直に言いました。

病気のことはいいませんよそりゃ。

でも遊んでいたことは本当のことです。

これからも僕は面談では遊んでいたといいます。

これで採用しない会社はこっちから願い下げです。

頭の固い営業もいるもんですね。

GW明けから新しい人生のスタートです。

うつ病が悪化しないように頑張りたいと思います。

 

スポンサーリンク



シェアしてくれたら嬉しいです!!

“人生の岐路に立つ 第二段階終了 Windowsに弱いのです” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。