うつ病で苦しい時はLinuxPCのメンテナンスをすべし

ここのところずっとメインPC(kali Linux)とサブPC(15年くらい前のPC)のメンテナンスで忙しかったel(える)です。

 

以前にもお話しましたが、僕のメインPCはkali LinuxというLinuxを使っています。

kali Linux

簡単にいうと他のPCに侵入や脆弱性がないか確認できるツールがたくさん入っているLinuxです。

説明しておきます。これは悪い事をするLinuxではなく、自分のPCでテストしてセキュリティを高めるために使うものです。

以前の記事→初めてLinuxを学ぶための初心者へおすすめの本

写真が多い

最近、写真を撮りだしたことにより、ノートPCのHDDを圧迫してきていたので、

前に買っていた3Tの外付けHDDをメインPCにつける決心をしました。

外付けHDDをLinuxに付けるのは簡単です。

今のLinuxはUSBポートにさせば勝手にmountしてくれるので、あとはmount情報を/etc/fstabに記載すればいいのです。

そして、このHDDを他のノートPC(Windows)でも見たいなぁと思い、

sambaを導入することにしました。

※sambaを簡単にいうと、LinuxにあるディレクトリをWindowsのネットワークに参加させ、フォルダやファイルをLinuxからもWindowsからも操作できるサービスです。詳しくはググってください。僕もよくわかりません。。。

エラー

基本的にはDebian系で作られているLinuxなので、Ubuntuのsmb.confをまねて作ってみたら、エラーで繋がらず。。。

こういう時はググる。

Debian系とかUbuntuとかが分からなければググる。

ググる癖は大切です。

でも、上手くいったことが載った記事ばかりで目的の記事がヒットせず。

こんなに難しかったっけ??と思いながら、僕がマニアックなLinuxを使っているのが悪いので、しょうがなくsbm.confの内容をググって調べることにしました。

あとは、ちょっとずつ適当に書いては試し、書いては試しを繰り返すこと3時間。

やっと繋がるようになりました。

何が悪かったのかさえ分からない。でもまぁいいか。

あとはsmbサービスの自動起動を設定。

今のLinuxはchkconfigコマンドではなくて、systemctl なんですね。

勝利の女神は微笑まない

やっと終わったーと思って、メインPCを再起動。

するとあれ??立ち上がってこないぞ。。。

外付けHDDを抜いてみる。するとOSが立ち上がる。

fstabの内容は間違っていない。

なぜだ。なぜなんだ。

こんなことを数回繰り返す。どうも外付けHDDを読み込みにいっている。そんな気がする。なんでそう思ったのって聞かれても、何となくそんな気がするしか言えない。

このHDD内を調べてみると、3Tのほかに100Mの領域にMicrosoftのファイルが入っていました。

あーもともとこのHDDはWindows用でした。これが悪さをしていたので、即刻削除。

そしたらOSも立ち上がりました。

Windowsのネットワークドライブ割り当て

あとは、毎回手動でWindowsから繋ぐのは面倒なので、ネットワークドライブ割り当てを実施。

これにて、メインPCのメンテンナンス完了!!

計5~6時間くらいかかりました。

終わりに

1時間で終わるかなと思ったら、かなり時間がかかりました。

あまり休憩もせず、食事もとらず。

この時だけはうつ病ということを忘れています。

これはうつ病で苦しい時はLinuxPCのメンテナンスをすべきなのでは。

っていうのはウソで、終わった後にすごく調子が悪くなりました。

うつ病の方、何かをやる時はほどほどにしましょう。

でも、まだサブPCが残っています。

今ではもう考えられない、メモリが256M、HDDが30GのPCです。

Mebius(SHARP)

これを復活させます。

このお話はまた次回にします。

 

おすすめのおやつ(おっとっと)です。

 

それではまた次回。

スポンサーリンク



シェアしてくれたら嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。