MUSHAという腕時計 バンドの部分が組紐やエイ革なんです。

お昼ご飯は毎日カロリーメイト。el(える)です。

 

かなり前に下記の記事を書きました。

前回の記事→岐阜県の関市といえば日本刀、時計といえばMUSHA

どうしてもMUSHAの腕時計が欲しいという記事です。

 

動画

 

MUSHAというものは

「ダマスカス鋼」と日本刀の柄に使用される「組紐」や「エイ革」を使った腕時計を販売しています。

「ダマスカス鋼」は時計の枠の部分、「組紐」や「エイ革」はバンドの部分に使用されております。

前に見てからずっと欲しかったこの腕時計・・・

なんと!なんと!!

ある筋から手に入れてしまいました!!

MUSHAの腕時計!!

ショップの公式サイト→MUSHA Made In Japan

MUSHA

MUSHA

MUSHA

何がいいかって、文字盤の秒針が日本刀のように反ってあるんですよ。

それだけでも格好いいのに、バンド部分が組紐なんて最高です。

今までは、copha(コプハ)グランドデュークの腕時計でした。

copha公式サイト→copha

copha

これは北欧デンマーク製で、

ゴムバンドの部分がチョコレートというかバニラというか・・・

甘い匂いを発する腕時計です。

なので、つけている時はいつも甘い香りがしていました。

嫌いじゃないんですけどね。

この世の中、匂いハラスメントというものもあるので、

ちょっとそれが怖いですよね。因縁をつけられそうで。

つけてみると

まず最初の印象は軽い。

cophaはどっしりしていましたので、

腕時計がとても軽く感じました。

MUSHA

組紐の部分については、ちょっと安物っぽく見えます。

少し細く見えるからかなぁ。。。

日本刀の組紐をたくさん見すぎたせいかもしれません。

MUSHA

バンドを止めるところです。

こちらは組紐の刺さるところならどこでも大丈夫なので、

フリーサイズになっています。

なので、自分のサイズにあった部分へ差し込めば、

ジャストフィットします。

MUSHA

組紐の先は縫われて強化されています。

ちょっと手荒に扱っても心配なさそうですね。

MUSHA

この腕時計を京都のお供にしましたが、

やはり軽いので、使い心地はよかったです。

ただ、組紐が目立つので、

仕事の面接につけていくのは勇気がいりますね。

そう思ったのは自分だけかもしれませんが。

MUSHA

相手が器のせまい人なら派手だと怒られそうです。

ですが、話の分かる人なら、

良い話の材料になりそうです。

MUSHA

毎日つかっていると、組紐の部分がへなってきそうで、

ちょっと不安が残ります。

それでも

一日使ってみた感想は、使い心地がよかったです。

cophaも好きですが、cophaは仕事面接用とかにして、

遊びにはMUSHAを使うのもありですね。

格好いいし、軽いし、腕にジャストフィットするし。

ただ、正直デメリットが一点あります。

cophaは文字盤に日にちと曜日が表示されます。

MUSHAには日にちしか表示がありません。

文字盤で曜日を見る癖がついていて、

ついつい見ると、

MUSHAは曜日なかったわ~ってなります。

ここだけ慣れが必要ですね。

日本刀好きの人は要チェックだとおもいます。

ショップの公式サイト→MUSHA Made In Japan

終わりに

MUSHAの腕時計とてもいい!!

秒針が日本刀のように見えるのがとても格好いい!!

組紐も紺色と朱色が混じって格好いい!!

お値段は多少しますが、

やっぱり、秒針の形と組紐の相性は抜群ですね。

日本刀好きにはたまりません。

話は変わりますが、モロッコヨーグルって知ってますか?

これです。

モロッコヨーグル

小学校の時に駄菓子屋でこれ食べたなぁと思っていたら、

とある場所に大量に置いてありました。

これ3~4個食べると飽きちゃうんですよね。。。

でも腐らす前に頑張って食べないと・・・

モロッコヨーグル

 

 

 

おすすめのおやつ(よっちゃん丸)です。

 

それではまた次回。

 

 

 

 

 

刀剣好きのメルマガ



 

スポンサーリンク



シェアしてくれたら嬉しいです!!

2 Replies to “MUSHAという腕時計 バンドの部分が組紐やエイ革なんです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。